おまとめローン審査に落ちたらどうする?

おまとめローンの審査に落ちた?【通らない原因と通るコツ】

『おまとめローンの審査に絶対落ちたくない!』ですよね?おまとめローンの審査落ちしないためにできることをこちらのページでは詳しくご紹介してまいります。落ちる原因と審査に通るコツをご紹介しますので、審査申込する前にできることは全てやってみましょう!

お急ぎの方はこちら>>プロミス公式へ

 

 

おまとめローンの審査に落ちた場合は?

img

 

残念ながら、人によってはおまとめローンの審査に落ちてしまうこともあるでしょう。

 

少しでも返済を楽にしようと思っていたのに、おまとめローンが利用できないというのは、ショックだと思います。でも、落ち込む必要はありません。

 

なぜなら、おまとめローンの審査に落ちた場合でも、色々な方法があるからです!

 

おまとめローン審査通らない場合の考えられる原因3つ

 

 

まずは、審査に落ちた理由を考えてみましょう。

 

なぜ、自分は審査に落ちてしまったのか。その理由を考えることは大切です。

 

審査に落ちる理由としては

 

①ローン残高が大きすぎる

 

②過去の返済ステータスに問題がある

 

③現在の収入額が低い

 

の3つです。詳しくみてまいりましょう!

 

 

①ローン残高が大きすぎる

 

まず、少しでも現在の借入先に返済をして、ローン残高を減らすということですね。

 

これだけでも、審査結果は変わってくると思います。

 

また他社借り入れ残高だけでなく、件数も多すぎるといけません。

 

「自転車操業状態なのではないか?」
「限度額増額ができないので他で借りるしかない状態なのか?」

 

・・など印象はよくありませんからね。

 

残債の残高と件数はなるべく減らしてからおまとめローンに申込するのが望ましいでしょう。

 

②過去の返済ステータスに問題がある

img

 

②に関しては、今すぐどうこう出来る問題ではありませんね・・、残念ですが。

 

ブラックリストに掲載されているかどうかでおまとめローン審査に通らないと思っていただいていいでしょう。

 

信用情報とはクレジットカードの申込やカードローン利用などの信用情報取引に関する情報です、この情報はCICなどの信用情報機関で管理されていて、ローンの申込があると必ず金融機関の担当者は信用情報機関に申込者に関する情報の問い合わせを行います。

 

ただ、信用情報の記載は時間が経過すると消える(5~10年くらいと言われています)ので、そのころを見計らってまたおまとめローン審査に申込してもよろしいでしょう。

 

信用情報機関に自分の情報について問い合わせする事もできますので、おまとめローン審査に通らないかもしれないと不安な方はまずそちらに問い合わせをしてみてもよろしいかもしれませんね。

 

③現在の収入額が低い

 

また、十分な収入がないのであれば、転職や仕事を増やすなどをして、年収アップを試みてみましょう。

 

「もう一つアルバイトを増やしてみた!」
「資格を取ると専門の手当てが付くので資格の勉強を始めた!」
「17時に派遣の仕事が終わるので、そのまま18時から塾の丸付けのバイトを始めた」
「どうせ暇なのでみんなが嫌がる土日勤務を引き受けて手当てをたくさんもらうようにしている。」
「自宅でできる副業をしている。」

 

など、色々工夫されている口コミ体験も頂いております。少しがんばれば収入UPするのであればチャレンジしてみてもよろしいかもしれませんね。

 

ただ副業禁止の職場もあるでしょうし、働きすぎて身体を壊すのは本末転倒ですから、あくまでも可能な人だけにしておきましょう。

 

 

他のローン会社の審査も受けてみよう!

img

 

『銀行のおまとめローンに申込したら落ちたけど消費者金融なら通った』
『A消費者金融では落ちた人が多いらしいけどB消費者金融は通ったという話を聞いた』

 

口コミをみていれば、このように色々な噂がありますよね。

 

そもそもローン会社はそれぞれ独自の審査基準を設けています。

 

その為、上記の口コミのような「A社では審査に落ちてしまったけれども、B社では審査に通過する」ということは十分に考えられます。

 

ですので、審査に落ちたといって落ち込まずに、他の会社の審査を受けてみると良いでしょう。

 

おすすめはプロミスとアコム

 

おまとめローン審査でおすすめはこの二つ!

 

プロミス アコム

img


現在のローンよりも低い金利での借り換えで金利負担を軽減!

img


毎月に何度も返済日がある方、アコムでのおまとめで月1回にできます。

 

 

おまとめローン申込前にできること

 

ただし、審査に落ちた原因を予測して、それの対処をしてからでないと、また同じ結果になってしまう可能性があるので、出来るだけローン残高を減らしてから審査申込をするなどの工夫はしたいところです。

 

また、立て続けにローンの申込をすることは『申込ブラック』という状態になり、「よほどお金に困っている人物」とみなされ、どこの審査も通らないという状態になってしまう危険性がありますので、複数社に立て続けに同時申込することはやめておきましょう。

 

お急ぎなら >>プロミス公式へ

おまとめローンの審査に通らない理由は?

img

 

これから、おまとめローンの利用を考えている方は、一般的におまとめローンの審査に通らない理由を抑えておくことが重要です。

 

審査に落ちてしまう理由を知っていれば、それへの対策をしっかりと立てることが出来ますし、その条件に自分を当てはめてみれば、簡易審査を受けずとも、審査に通過できるかどうかを探ることが出来ますからね。

 

過去の返済ステータスは大事!

img

 

借り入れにおいて重要なのは、過去の返済ステータスです。

 

おまとめローンを検討しているということは、現在既に借入があるでしょう。

 

その借入先への返済が毎月遅れていたり、先方からの催促があっても無視していたりすると、これが原因となって、新しく申し込んだ業者の審査を落とされてしまう可能性があります。

 

ローンにおける信用情報というのは、全ての金融期間で共有されていることを覚えておきましょう。

 

借入申込先が消費者金融系だったら厳しい!

img

 

銀行系のローンであれば、総量規制の対象外になっているので、現在借入があったとしても、ローンを組むのも難しくありませんが、総量規制の対象となっている、消費者金融系のローンになってくると、現在の借入額がネックになって、審査に落ちてしまうことが考えられます。

 

ですので、おまとめローンの利用を考えているときは、銀行系で探すことをお勧めします。

 

十分な収入がない場合

img

 

安定かつ、継続した収入を得ている方であれば、まず問題はないと思いますが、収入が不安定だったり、十分な収入のない方だと、審査に落とされてしまう可能性は高いです。

 

これは、おまとめローンに限った話ではなく、普通のローンにも言えることです。

 

相手としても、返してもらうことを前提に融資をしているので「返済能力がない」と判断された場合は審査に落とされてしまうのは当然の結果と言えます。

おまとめローン審査の申し込みで気を付けることは?

間違いのない申込書が、基本中の基本!

img

 

おまとめローンでは、かなり高額の借り入れをするケースが多いです。

 

そのため、通常の審査よりも個人の返済能力の計算、信用チェックなどが厳密に行われます。

 

 

返済能力とは、個人の年収に対して他社からの借り入れ額がいくらあるかということで、一般的には年収の3分の1と言われています。

 

たとえば、年収800万円の人であれば、240万円が返済能力ということになります。

 

 

おまとめローンの申し込み時に、年収は間違ったとしても信用は落ちませんが、他社からの借り入れ額を間違ってしまうと、それがたとえ誤入力だったとしても、審査担当者が借り入れ額を少なく入力したとみなすことがあります。

 

こうなると、おまとめローン審査が通らないことがあるので、十分に注意して、正しい金額を書くようにしましょう!

 

また、銀行の場合は勤続年数も考慮する場合があるので、こちらも正しい情報の入力が必須です。

 

間違った情報を入力して審査に通っても、契約時に必要となる会社の社会保険証で、事実と違う情報が記載されていたとして、契約にまでは至らなかった人もいます。

 

 

自分の信用度をチェックするには?

img

 

金融機関が確認する信用度は、申込書の正誤だけではありません。

 

それ以上に重視するのが、過去に支払い遅延を起こしていないか、任意整理や自己破産の経験がないか、といったことです。

 

こうした情報は、信用情報機関が一元的に管理していて、融資の申し込みがあると、金融会社はその人の情報を照会します。

 

 

自分が該当するのでは?、と思った方は、この信用情報機関に問い合わせてみましょう。

 

個人でも情報開示できますよ!

 

お急ぎなら >>プロミス公式へ

 

おまとめローン審査が不安な方へおすすめはここ!